各種運用成績の公開について

いろいろな自動売買の運用状況を公開していきます

本ブログの趣旨の一つとして、MT4を使った自動売買の実運用成績を公開しています。色々な側面からポートフォリオ(?)を組んで運営していますので、是非ご参考にしていただければと思います。

具体的には以下の自動売買運用を行っており、それぞれ、出来る限り毎週状況を報告していきたいと思っています。

なお、各運用報告における、私の現在の設定値は以下に示すとおりです(変更に応じて、適宜変更していきます)。

報告を初めた時期の違いなどから趣味が変わっているのか、それぞれ、自由なフォーマットで報告しておりますがご容赦くださいw

ブレイクスキャルシステムの運用について

私がFX-ONで出品させていただいている「ブレイクスキャルシステム」について、以下の意義から、私の実運用口座の運用成績を公開しております。

私がFX-ON様で出品させて頂いているMT4専用の自動売買EA、「ブレイクスキャルシステム」ですが、スキャル系のEAのためフォワードテストの重要性が高いところと、建値ストップ機能の実用性検証などといった情報の配信目的で、私が運営している実口座での情報を公開していく試みを行っております。

なお、現在はOANDA JAPAN(プロコース)およびAxiory(ベーシック口座)の2業者にて運営しており、各業者におけるEAの設定値(デフォルト値からの変更値)は以下の通りです。

なお、両口座においては、2016年11月から運用を始めております。

通貨ペア ロング+ショート口座
建値StopModeあり 建値StopModeなし
設定変更箇所 ロット数 設定変更箇所 ロット数
USD/JPY Scal_Pips = 10 / QuoteStopPips = 1 / SpreadFilter = true / MaxSpread = 5 / MarketCloseFilter = true [OANDA]
0.05Lot

[Axiory]
0.01Lot

Scal_Pips = 5 / QuotationStopMode = false / SpreadFilter = true / MaxSpread = 5 / MarketCloseFilter = true [OANDA]
0.05Lot

[Axiory]
0.01Lot

EUR/USD Scal_Pips = 12 / QuoteStopPips = 1 / QuoteStopPips2 = 7 / QuoteValue2 = 5 / SpreadFilter = true / MaxSpread = 5 / MarketCloseFilter = true [OANDA]
0.05Lot

[Axiory]
0.01Lot

Scal_Pips = 7 / QuotationStopMode = false / SpreadFilter = true / MaxSpread = 5 / MarketCloseFilter = true [OANDA]
0.05Lot

[Axiory]
0.01Lot

GBP/USD Scal_Pips = 15 / QuoteStopPips = 1 / QuoteStopPips2 = 8 / QuoteValue2 = 6 / SpreadFilter = true / MaxSpread = 5 / MarketCloseFilter = true [OANDA]
0.02Lot
Scal_Pips = 8 / SpreadFilter = true / MaxSpread = 5 / QuotationStopMode = false / MarketCloseFilter = true [OANDA]
0.02Lot

なお、本EAは過去にはOANDA JAPANのベーシック口座で2014年4月~2016年10月までの期間でも同様の設定条件で運用しており、その最終成績は以下の通りとなっております。(損益推移は、ブログの過去記事を追っていただくと分かるかと思いますw)

FX-ONで販売しているEAの運用について

ブレイクスキャルシステムでも触れましたが、FX-ONで販売されているEAを、私が実際に身をもって実運用した成績を公開していこうという営みです。

現在は、以下のEAたちを実運用検証しております。(各EA名のリンクから、各商品の紹介ページに飛ぶことが出来ます)

EA名 運用開始日 運用業者 ロット数(最新)
緊急発動FX 2015/7 FXTF 0.01
Beatrice ADX01 2015/7 FXTF 0.01×2ポジ
Morning Limited 2015/9 FXTF 0.03
nekoboo FX Core2 2015/9 FXTF 0.02
White Bear Z EURJPY 2015/10 OANDA 0.05
Forex Solid 2015/12 FXTF 0.02 (Logic1)
0.03 (Logic2)
Swallow (※) 2017/2 FXTF 0.02
SuperNOVA ver2.0 2017/4 FXTF 0.01

無料版を利用しているため、2017年末まで限定。

ちなみに、上記の各EAについて、私なりのレビューをした記事もありますので、是非見ていってください。(前に運用していたブログに飛びます)

参考記事:

トラリピ運用について

前身のブログを立ち上げた2012年9月頃から、ほぼ欠かさず更新を続けてきた自作トラリピ。本ブログでも、引き続き公開をしています。

現在は、OANDA JAPANでの運用成績を公開しておりますが、以前はアルパリジャパンで自作トラリピを運営しておりました。

成績報告には、その名残というか、傷跡が生々しく残っているかと思いますが、ご推察の通り、トルコ騒動やスイスショックなどの影響を受けまくった末に、実に130万円におよぶトラリピ損失をアルパリジャパンにて計上したという状況です。あの頃は考えが甘かったなあ・・・。

現在は以下の通貨ペアで無理しない範囲で運用を続けており、その成績を毎週公開しているとう状況となっております。

積み立て系EAの運用について

これまたFX-ONで私が出品しております、こつこつ積み立て系のEAについて、その実運用成績を公開していくという営みとなっております。

現在は、「毎日積み立て!スワップ貯金システム」の運用のみを行っております。

■原資

当初は¥49,689

→ ¥509,689まで証拠金追加(新興国通貨大暴落とか色々あったので・・・)

■運用開始日

2015/4/21

■「毎日積み立て!スワップ貯金システム」の設定条件

エントリ通貨:ZAR/JPY、TRY/JPY、NZD/CHF

  • ZAR/JPY:毎日1,000通貨積み立て。平均エントリ価格+10pips達成で決済。ポジション数50超過時より部分決済モード発動(ジリ安救済モード「なし」)
  • TRY/JPY:毎週金曜日に1,000通貨積み立て。平均エントリ価格+50pips達成で決済。ポジション数5超過時より部分決済モード発動(ジリ安救済モード「あり」)
  • NZD/CHF:毎月21日に1,000通貨積み立て。平均エントリ価格+50pips達成で決済。ポジション数3超過時より部分決済モード発動(ジリ安救済モード「なし」)

■「レバレッジ掛けてドルコスト!」の設定条件 →運用停止中

エントリ通貨:ZAR/JPY

  • 目標レバレッジ:3倍
  • 運用レバレッジ範囲:2倍~5倍(※このレンジを外れると、自動で目標レバレッジにポジション調整)

無料EA研究所で公開しているEAの運用について

無料EA研究所というホームページを別に運用しておりますが、そこで公開しているEAを実運用してみるという試みを行っています。

各種設定値や使用する通貨ペアはデフォルト条件のままですが、運用している業者とロット数は以下の通りとなっております。

EA名 運用開始日 運用業者 ロット数
Steep MACD Cross 2016/11 LAND-FX 0.01
Triple Pin Ball 2016/11 LAND-FX 0.01
All Trend Entry 2016/11 LAND-FX 0.01

ということで、よろしくお願い致します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする