海外FX口座を開設したら国内業者より簡単だった話

スポンサーリンク

FinalCashBackから口座開設してみた

OANDA JAPANのベーシック口座が今週末で使えなくなるという窮地に瀕しております。そこで、海外のMT4業者に口座開設してみようかなと思ってやってみたら、翌日から取引可能という、国内業者に登録するよりも速攻で出来てしまいました。

あまりにも簡単だったので、ちょっと画面を入れながら紹介してみようかなと思います。

なお、海外のMT4業者の場合は、FinalCashBack経由で口座開設すると取引ごとにキャッシュバックが受けられるというメリットがあるので、それを使ってみました。
#ちなみに、今口座開設したら、明らかにトラ○ピっぽいEAが無料でもらえますwww

ちなみに、キャッシュバックをもらう代わりに、無料でEAがたくさんダウンロードできるゲムトレードというサイトもあります。私はEAには困っていないので迷わずFinalCashBackにしましたが、そんな選択もあります。具体的なやり方はほとんど変わらないと思いますので、どっちの場合でも是非この記事を参考にしてみてください。

ちなみに・・・こういったIB業者と言われる仲介業者のビジネスモデルについて過去に調べてみたことがあって、以下の記事で紹介してますので参考にしてみて下さい。
海外業者に登録する際には、こういった業者経由にしないと勿体無いな・・・というのが良く分かるかなと思います。

MT4のキャッシュバック業者と無料EA提供業者について(前ブログの記事)

FinalCashBackの登録手順

それでは、私がLAND-FXに登録してみた例を元に、画像を入れつつ紹介してみたいと思います。

まずは、FinalCashBackのサイト(左記リンクより行けます)に行ってユーザ登録を行います。「ユーザー登録」というボタンがデカデカとついてますね・・・わかりやすいです。

fcb-user-regist

そうすると、簡単なユーザ登録画面に行きます。

ここでは、ユーザ登録に必要な情報を入力するのみです(↓こんな感じ)。

fcb-user-regist-disp

上手く行くと、以下のような画面になります。

上で指定したメールアドレス宛に認証メールが飛んで来るので、そこにあるリンク先をクリックすれば、晴れてFinalCachBackへのユーザ登録は完了です。簡単ですね。

fcb-after-user-regist

利用するFX業者の選定

FinalCashBackへの登録が済んだら、次は利用する業者の選定です。

MT4を扱う業者だけでなく、バイナリーオプションの業者も選ぶことが出来ます。
今回はMT4業者に登録しましたので、その例で進めます。

「FX業者一覧」のボタンを押すと、以下の様に、登録可能なFX業者一覧が出てきます。
「リベート」を見るとどれだけのキャッシュバックがあるのか、「サービス内容」を見るとレバレッジや最小通貨単位が分かります。「スプレッド」の比較が簡単にできるのもいいですね。スプレッドは国内業者に比べて若干劣るものが多いですが、それでもかなり狭い業者もありますし、キャッシュバックありきで考えると、国内業者に遜色ない感じになるかなと思います。

ちなみに、意外に大事なのが「入出金方法」です。個人的には手数料の掛からないクレジットカード入金は必須だと思いますし、利益が出たときにも安く引き出せるよう、Netellerあたりも対応していたほうが良いかなと思います。(この辺の話は、後日記事にしたいと思います)

fcb-select-account

良さそうな業者が見つかったら、口座開設に進みます。

業者名をクリックすると、こんな画面に行きます(例はLAND-FX)。

fcb-openaccount-button

上にデカデカと書かれている「0.38Pips」と言うのは、一往復取引あたりのキャッシュバックに相当します。この記事を書いている深夜2時位のドル円、ユーロドル辺りは1.8Pipsくらいのスプレッドですので、要は実質1.4Pipsくらいのスプレッドということになりますね。昼間だと1.1~1.2くらいのようなので、取引時間をケアすれば実質1Pipを割ることもありそうです。
ちなみに、私がもう一つ口座開設したAxioryでは、現在のドル円・ユーロドルのスプレッドが1.4Pips、キャッシュバックが10万通貨あたり3ドル(≒0.3Pipsくらい)なので、1Pipくらいと言うことになりますでしょうか。

国内業者の狭スプレッドに慣れていると「こんなもんか」と思わなくもないですが、実感として国内業者は滑りのひどい業者が多いので、実態を考えるとどっちに軍配があがるかは微妙かもしれません。(実際口座開設してみたので、その辺のレポートもやっていければいいかなと思います)

利用するFX業者への口座登録

ようやく口座登録か・・・という感じですが、ここまでくればもうちょっとです。

これまた画面にデカデカと出ている、「口座開設はこちら」というボタンから、口座開設を行います。ここを押すと、業者の画面に行きます。
#「登録漏れ防止のため、口座開設を行う前にブラウザのCookieを一度削除してください。」という記載があるので、念のためこのタイミングでブラウザ設定からCookieを削除しておいたほうがいいかもしれません。

fcb-to-openaccount

いきなり口座開設画面に行く業者もありますが、LAND-FXではトップページに飛びました。

以下の通り、「口座開設」→「LIVE口座」から口座開設を行っていきます。
#LAND-FXでは「ボーナス100%口座」「ECN口座」というのを選ぶことも出来ますが、その場合でもここから入ります。

fcb-landfx-open

そうすると、こんな感じでリアル口座開設画面に行きます。
この辺の手続きは国内と特に変わらないので、あまり困ることは無いかなと思います。

fcb-openaccount-disp

その中で、身分証明を求められます。国内業者とほぼ変わらないですが、一部提出書類が違うのでこの辺は注意です。

fcb-prove身分証明書(PLE)とは、自分の身分を証明するものなので、顔写真の付いたパスポート免許証などで行けます。私はなんとなくパスポートの写真を送るのは嫌だったので、国内業者と同じく免許証を添付しました。問題なく行けました。

あと、居住証明書(POA)というのが、国内業者と違って必要になります。国内業者では書留で確認書類が送られてきますが、そのへんのアレがないので必要なのでしょうかね。
送るものは大したことないです。自分の家あての郵便物とか電気の支払証明などを写真にとって添付すれば問題ないです。

登録完了の手前で、約諾書が出てきます(なんとなく、文面を載せるのはまずそうな気がしたので消してます)。
国内業者でもおなじみかと思いますが、違いとしては、全部英語なので頑張って読んで下さい
#ちなみに、AXIORYでは約諾書出てこなかったような・・・。

fcb-sign

・・・はい!これで無事口座登録完了です!

取引口座やパスワードは国内業者では書留郵便で送られてきますが、海外業者の場合はメールが送られてくるだけで済んでしまいます

これで、一日くらい待ってると承認完了して早速取引が可能になります!クレジットカード入金(※)だと即時反映なので、すぐに取引が始められます。

※LAND-FXはいまのところ特に無いですが、カード情報の登録が必要な業者もありますので、その場合はもうちょっとだけ時間がかかります(といっても数時間~1日程度ですが)。

・・・で、承認されたら忘れてはいけないのが、FinalCashBackへの口座認証受付です。
承認された口座の情報を入力すればキャッシュバックの準備まですべて完了です!

fcb-account-auth

さいごに

ということで、今回はFinalCashBackを経由しての海外FX口座開設方法について紹介してみました。国内業者に比べて、

  • レバレッジが大きい取引が可能
  • 国内業者と違い、税法上「その他雑所得」扱いとなるので、そのへんとの利益相殺が可能
  • 追証が発生しない(※ただし、「意図的でない」など条件があるので注意が必要)

というような違いがあるので、その辺を意識してみてみてください。